ビジョン

1991年、会社は大きな夢の小さな門出をした。

次に向かって走っている。

Ⅰ. 世の中にないものを開発して社会に貢献する。

Ⅱ. 方向として「生物・生命理論を応用した製品」を開発する。

Ⅲ. 一般消費者(大衆)に直接結び付く製品を作る。

Ⅳ. 21世紀には本格化すると考えられる下記を推進する。

ⅰ. 波動をベースとした健康管理分野の展開。

ⅱ. これから益々重要視される「幼児教育分野」を展開。

ⅲ. アグリカルチャ分野の近代化。

ⅳ. 命あるロボットに向かって。

ⅴ. 社員が皆、アクティブに動く「細胞ある会社」にする。